YahooJAPANカード 無職 審査

YahooJAPANカードは無職でも審査が通る!作成できる理由は?

 

YahooJAPANカードはポイントが貯まりやすく、審査が通りやすいカードとしてクレジットカードの中でも大人気です。

 

 

 

カードを作るときには「安定した収入」が必須条件ともいえるほど大事ですが、安定した収入が本人にない無職の状態でもYahooJAPANカードは審査に通ることができます!

 

 

 

普通なら考えられないかもしれませんが、なぜ無職でもYahooJAPANカードの審査が通るのか解説したいと思います。

 

 

無職でも審査に通るための必要な条件

 

無職でもYahooJAPANカードが作れますが、ただ誰でも作れるわけではなく、無職でもYahooJAPANカードの審査を通過するためには、最低限の必要な条件があります。

 

 

 

それは、「世帯年収が安定してあるかどうか」です。

 

これはすごく大事です。

 

 

 

世帯年収とは、自分と一緒に同じ家で暮らしている人たちの年収のことを指します。

 

 

 

要は自分に収入がなくても、一緒に暮らしている誰かがきちんと収入を得ていれば大丈夫だということになります。

 

 

 

申し込みの手順と気を付けておきたいこと

 

YahooJAPANカード申込するときに、ご職業欄は「無職」という項目はありません。

 

YahooJAPANカード無職選択画面

 

 

無職の場合は、「その他」を選択しましょう。

 

 

「その他」を選択して申込の画面を進んでいくと、前年度世帯年収の入力画面が表記されます。

 

 

YahooJAPANカード前年度世帯年収

 

 

ここでは、一緒に住んでいる家族全体の収入を確認して入力します。

 

 

 

年収の計算の仕方としては、総支給とボーナスをすべて加算して計算すればOKです。

 

保険などがひかれた手取りの金額で計算しなくて大丈夫です。

 

 

 

カードの申込画面には具体的な年収の計算の仕方が明確に記載がないので、多少数字の誤差があっても大丈夫だとは思いますが、基本的には収入を何十万も大きく書いたりなどはしないほうがいいと思います。

 

 

 

無職の方・有職者の方関係なく、カード申込審査において基本的に嘘はいけません。

 

 

正しい情報をきちんと入力していきましょう。

 

 

 

あとはできるだけアピールできるものは、すべて入力すること。

 

アピールとは、審査においてプラスになる情報です。

 

 

 

自分の信用度・資産があることはアピールしましょう。

 

 

 

アピールできる代表的なものでいうと、自宅の電話番号や預貯金額などがあげられます。

 

 

最近では、携帯電話しか持っていない方も多いですが、実家などに住んでいる方の場合、自宅の固定電話を持っているかもいると思います。

 

 

めんどくさくて携帯電話の番号しか入力しない方はもったいないです。

 

自宅の電話番号も入力してあると、カード利用における信用度も高くなります。

 

 

 

また入力欄が任意になっているので、飛ばしてしまう方もいるかもしれませんが、預貯金額も入力しましょう。

 

 

YahooJAPANカード預貯金入力画面

 

 

 

年収ほどの信用度を上げる効果はないと思いますが、支払い能力がきちんとあることをアピールすることができます。

 

 

 

まとめ

 

ここまでYahooJAPANカードは無職でも審査が通って、カードが作れることをまとめてきました。

 

 

間違えてはいけないのが、YahooJAPANカードは審査が甘く、無職でもアピールできる情報が多くその結果がカードが作れるだけなので、無職でも100%カードができるわけではないので注意しましょう。

 

 

 

カードはカード申込者の現在と過去の信用状況を総合的に見られて判断されます。

 

 

なので、日ごろから支払い遅延なども最低限起こさないようにしましょうね。

 

 

 

いろいろ書きましたが、無職でもYahooJAPANカードはかなり優遇してくれてるカードです。

 

 

YahooJAPANカードで作れなったらたぶん他のカードは作れないと思います。

 

 

 

無職でもカードが欲しいなという方はぜひ申込にトライしてみてくださいね(^^)

 

 

 

 

YahooJAPANカードの申込や詳細はこちら

 

 

 

 

↓↓YahooJAPANカード入会キャンペーン