YahooJAPANカードは未成年でも作れる?作れない?

YahooJAPANカードは未成年でも作れる?それとも作れないのか?

 

ワイジェイカード株式会社が発行するYahooJAPANカードはどこで買い物をしても100円につき1ポイントが貯まるのでポイントがたくさん貯まるカードとして今すごく人気です。

 

とくにYahooJAPANカードはYahooでの利用がお得になることもあり、比較的若い方のカード利用希望者が多いようにも思います。

 

この便利なYahooJAPANカードは何歳から作ることができるのか?未成年でも作ることができるのか?について今日は解説したいと思います。

 

YahooJAPANカードは未成年でも作ることができる!

 

まず結論から言ってしまうとYahooJAPANカードは未成年でも作ることができます!!

 

年齢のことで言えば18歳以上になっていれば問題ありませんので、20歳になってなくても大丈夫です。

 

YahooJAPANカードが作れる未成年属性は以下のような感じです。

 

【カードが作れる】

 

○ 大学生、専門学生、短大生、フリーター、専業主婦、自営業、会社員、家事手伝い

 

【カードが作れない】

 

× 高校生

 

 

高校生は18歳であってもカードを作ることができないので注意しましょう。

 

それ以外の属性に関しては基本的にはカードを作ることができます。

 

ただし18歳となるとまだ働き始めということもありカード審査に通ったとしても一般的にカード利用限度額は低い傾向にあるので注意しましょう。

 

家事手伝い・無職については作れる属性には入りますが、自分で収入を得ていないので一緒に住んでいる方の家族収入が必要不可欠となります。
具体的に言えば世帯年収がないと作ることができません。公式に目安は公開されていませんが、カード作成にあたって最低でも世帯年収が200万円はないとカード作成は難しいと思われます。

 

 

未成年がカードを作るときの必要な条件

 

18歳以上であれば未成年でもカードを作ることができるのは分かったと思いますが、未成年がカード作成するにあたっての必要な条件があるので確認しておきましょう。

 

■未成年カード作成の条件
@申込した本人・両親(親権者)と連絡が取れること
A毎月の安定収入があること
B運転免許証や保険証などの身分証の所持
C本人名義の銀行口座の所持

 

この4つが未成年がカードを作る中で必要なものとなります。

 

20歳以上で働いていれば通常すべてかんたんに条件クリアできていると思いますが、未成年の方の中で上記4つの条件を満たしてない場合もあるので注意しておきましょう。

 

 

まとめ

 

YahooJAPANカードは18歳以上であれば未成年でも作ることができます。

 

20歳以上の成人している方と唯一の違いを言うのであれば両親への確認連絡があるかないかというところになるかと思います。

 

未成年の場合は両親への確認連絡が必須となるので、カード申込する場合は必ず両親にカードを作る旨を伝えておくようにしましょう。

 

以上、YahooJAPANカードは未成年でも作ることができるのかできないのかについてでした。

 

YahooJAPANカードのカード詳細情報であったり、申込については公式サイトを引き続きご覧になってみてください。

 

YahooJAPANカードの申込や詳細はこちら