Yahoo! JAPANカード申込してもし作れなかったらどのカードなら作れる??

 

Yahoo! JAPANカード以外で審査が通りやすく作りやすいカードって、正直なところそんなにないというのが私の答えです。

 

 

ネット情報や噂では、楽天カードが作りやすい、審査に通りやすいであったり、アコムのACマスターカードは作りやすい、審査に通りやすいという情報も調べてみるとあったりしますが、いずれにおいてもクレジットカードです。

 

 

審査がないということはまずありませんし、たくさんの人を呼び込んでいるYahoo! JAPANカードで審査が通らない状況で楽天カードやACマスターカードだったら審査に通るとは正直思えません。

 

 

Yahoo! JAPANカードで審査がダメだったら、おそらくにはなりますが、楽天カードもACマスターカードも審査がダメになる可能性は非常に高いです。

 

 

 

したがってYahoo! JAPANカード以外で審査がとびぬけて優しいと言ったカードはないように思います。

 

 

 

審査落ちしてしまった場合、これからカードを作るのなら

 

Yahoo! JAPANカードを申込んでみて、もし審査に通ることができなかったら私から勧める次の行動としては次の2つです。

 

 

 

1つは家族カードでのクレジットカード作成です。

 

 

一緒に生計を立てている家族の中で持たれているクレジットカ−ドに対して家族カードを発行してもらう。

 

 

これが一番正確でほぼ確実にクレジットカードを持つことができるように思います。

 

 

 

家族カードを発行することによって、その家族カードで使った分の請求が元の本会員さんに集約したり、利用明細が本会員さんにつつねけだったりとデメリットもあるかもしれませんが、家族カードが一番確実でしょう。

 

 

 

家族カードの作り方としては、その持たれているカードの管理サイトまたはカード裏面にあるサポートセンターに連絡して家族カードを作りたいということをお話すれば大丈夫だと思います。

 

 

 

 

2つめとしては、期間をあけて申込に再挑戦するということです。

 

 

この期間というのは、一般的に半年間です。

 

 

カードを申込んだという情報は個人情報機関に半年間残るとされています。申し込んだ情報があってもカードは作れますが、申込情報があることにより、少なからず審査は不利になると思いますので、申し込んでから半年間は期間をあけておくことをおすすめします。

 

 

半年間たったら、審査落ちしたカードに再トライまたは別のカードに申込挑戦してみるというのがいいように思います。

 

 

審査落ちしてから半年間。とくに収入や借入・返済など変化がない場合は、申込再挑戦してもうまくいかない場合があるので、別のカードに申込をするのが一番ベターではないかなと思います。

 

 

 

 

なので分かりやすく言えば、Yahoo! JAPANカードに申し込みをしてカードが作れなかった。

 

 

その場合は半年間待って、就職したとか何か変化があればYahoo! JAPANカード申込を再挑戦する。

 

 

特に何も変化がなければ楽天カードに申込をするというのがいいのではないかなと思います。

 

 

 

まとめ

 

作りやすくて人気のYahoo! JAPANカード。

 

 

申込んでみて無事作れれば問題ないのですが、作れなかった場合は別のカードで家族カードを作ってもらうように頼むか、半年間あけてカード申込に再トライするのがいいように思います。

 

 

以上、Yahoo! JAPANカード申込してもし作れなかったらどのカードなら作れるについてでした。

 

 

どのクレジットカードでも必ず審査があります。誰でも100%作れると言ったクレジットカードはありませんのでくれぐれも注意しましょう〜!

 

 

 

 

 

Yahoo! JAPANカードの申込や詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

Yahoo! JAPANカードの詳細はこちら